top of page
  • 大城

4月の神乃茶定期便

【 白茶 】と【 廻 meguri】


─────────────────────────

【 廻 meguri】

ブレンドテーマは「風を流す」

─────────────────────────

「風がこっちに吹いているから、川もこっちに流れているんだね。」

散歩をしているときに娘がふと言った言葉が印象的でした。

私達が歩いていた道は、かつては小さな川が流れていました。

.

付近の地域が住宅街として開発されると、車が交差できる道を作るために川はコンクリートで塞がれました。

意識を向けないと、道の下に水の道があることはわかりません。

蓋をされた川の存在を知っているのは、少数だろうなと思います。

外からはわからない川の流れは、まるで私達の体内をめぐる水のようだなと思えました。

私達の体は 6 割以上が水分です。水が滞りなく全身を巡っていることが健康維持には欠かせません。

多くの人が辛く感じる花粉症は、水の流れる道が塞がれて生じる不調の一つです。

体内の水は「気」が流しています。「気」とは、目に見えませんが私達の大事なエネルギーの一つです。

自然界にも「気」は溢れています。例えば、私達が普段感じる「風」も「気」の一種です。

川の水を海へ向かって流してくれる風は、春によく吹き荒れます。

春一番のように、踏ん張らないと吹き飛ばされそうな風が吹くときには、体内の気の流れは乱れてしまいます。

その結果、水の流れが乱れてはけ口を見失い、水たまりを作ります。

これが花粉症などのアレルギー症状やリウマチ、回転性のめまいの原因となります。

春は、「風」をうまくコントロールし、めぐりを良くすることがセルフケアのポイントです。

めぐり対策には「爽快感」と「柑橘系」の香りが効果的。この2つを持つのがくろもじの蕾です。

今回のブレンドは、くろもじの蕾がもつ「風を味方につける香り」を生かした配合にいたしました。


心がザワザワしたとき、

感情が乱されたとき、

軸がぶれそうになったときに飲んでいただきたいブレンド茶です。


気持ちを廻らせ、ワクワクする気持ちが抑えきれなくなるイメージでブレンドいたしました。


<素材>

・烏龍茶 オーガニック 宮崎県五ヶ瀬町産

・くろもじの蕾 天然素材 宮崎県日南市産

・明日葉 天然素材 宮崎県日南市産


─────────────────────────

【 白茶 】オーガニック

産地:宮崎県五ヶ瀬町

─────────────────────────

本格的な茶摘みが始まる前。赤ちゃんのような新芽を丁寧に手積みし、笊に広げられた生まれたての茶葉たちから白茶を作ります。

通常のお茶の工程にある殺⻘と揉捻がなく、加工中に熱を加えないためフレッシュな香りを楽しむことができる白茶。

お湯で淹れるとフルーティーな優しい香りと味を楽しめます。水出しでいただくと、白茶ならではの爽やかな香りが引き立ちます。

白茶は自然そのままの味を感じられるため、素材の質が非常に大事です。

4 億年前に九州のなかで最初に隆起したといわれる五ヶ瀬は、ミネラルを豊富に含んだ土壌により世界農業遺産に認定されています。

五ヶ瀬の土と水、澄んだ空気のなかで育った茶葉の美味しさをシンプルに味わっていただける希少なお茶です。

白茶は、ワインのように数年保存させて熟成させると味が深まります。

茶葉本来の爽やかな香りを楽しんで頂いたあとには、残りの茶葉を数年保存し熟成させてみることもおすすめいたします。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page