top of page
  • 大城

農薬を使わず育ったとうもろこしで念願の!

更新日:2020年7月28日



とうもろこしのひげは、南蛮毛という漢方薬の原料になります。

むくみを解消し、水の巡りをよくしてくれるので夏には欠かせない素材。


花粉症やアトピー、鼻炎などのアレルギーがある方は「水の巡り」を夏場に良くしておくと、劇的に症状が改善されます。

湿度の高い日本には必須の素材なのですが、国産、無農薬のとうもろこしのひげにはこれまで出会ったことがありませんでした。


ないのであれば、作ってみたい!

ということで、知り合いの農家さんにご協力いただき、無農薬無肥料でとうもろこしの栽培をお願いしました。




ほぼなにも手を入れていないとうもろこし畑。

ワイルド感がたまりません。


収穫はもちろん手作業。

農薬を使っていない畑なので、虫対策をしっかりして収穫に臨みます!

顔をガードしてくれる帽子は役に立ちました。




りっぱなとうもろこし。



収穫したら皮を剥いて、ヒゲをとって。



黄金に輝くヒゲの山は美しい!


ヒゲだけではなく、実も乾燥してみました。




焙煎せずにそのまま乾燥させたので、とてもさっぱりした味に仕上がりました。


この2つを使って完成させたブレンド茶。

ブレンドテーマは「気持ちを落ち着けたい時に飲んで欲しいお茶」




数名に試飲してもらったら

「お腹のあたりがぐるぐる動く!」との感想。狙いどうりです。

水の巡りがよくなると、胃腸の調子が上がります。

体の真ん中にある胃腸がぐるぐると動いていくと、全身にその動きが伝わります。

巡らせる力が上がっていけば、感情も安定しやすくなります。

鬱々しやすい今年の夏に、ぜひ飲んでいただきたいブレンド茶。

限定商品として発売予定です。


「爽爽(さわさわ)」

2020年8月発売予定






閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page