top of page
  • 大城

在来茶のボトリングティー発売!

神乃茶の茶葉と同じ、宮崎茶房さんの在来茶を使ったボトリングティーが、

ジャパニーズティーレーベルさんから発売されます。




Japanese Tea LABEL 2020

樹齢100年の茶葉の夢


・作品名:樹齢100年の茶葉の夢

・産地:宮崎県五ヶ瀬 「宮﨑茶房」有機JAS認定

・茶葉:樹齢100年在来種

・製法:青柳製釜炒り

・水色:黄金色

・香り:はちみつ・キャラメル

・容量: 500ml

・栽培:農薬不使用栽培・化学肥料不使用栽培


在来茶が持つ、はつみつのような甘さを引き出したボトリングティー

HPに掲載されていた製法はこちら↓


ティーリーフクリエイターのボトリングティーが出来るまで

1.抽出温度 4℃近辺の低温で抽出しております。 2.抽出時間 約8時間から10時間 (濃度チェックを施しており抽出時間が変化します。) 3.抽出工程 水温水質調整→茶葉投入→抽出→ろ過→充填→キャッピング→異物混入チェック→殺菌→異物等チェック→完成

作品へのこだわり

ティーリーフクリエイターの作品は、非常に繊細な茶葉のため、抽出温度、水質、抽出時間、ろ過速度、殺菌温度等きめ細やかに管理して抽出、ろ過、殺菌等行っております。 ◯ 抽出温度 4℃±0.5℃(通常は5℃) ◯ 抽出濃度チェックの頻繁 通常の15~20倍 抽出終了時間に近づくほど頻度が多くなります。(具体的数字は企業秘密のため非公開です) ◯ ろ過速度 通常より5~10倍の低速ろ過 抽出濃度を頻繁にチェックしながら随時速度調整しております。(具体的数字は企業秘密のため非公開です) ◯ 殺菌温度 +3℃ 以下(通常は+7℃~5℃)   ※殺菌は90℃で30分行います。 Japanese Tea LABELのボトリングティーには、酸化防止剤等の使用をしておりません。 保存料等無添加でお茶抽出物のみとなり、専用工場にて酸化しにくく抽出をしております。 理由としましては、Japanese Tea LABELのティーリーフクリエイターのつくる作品(茶葉)は、農薬および化学肥料を使用せず栽培した有機茶葉となりますため、保存料や酸化防止剤を使用しますと本来のお茶の香りや味等が損なわれてしまいます。 また、開栓せず冷蔵保管して頂くと有機茶葉ならではの「まろみ」や「旨味」が瓶内熟成され時間と共により角が取れ美味しくなっていくという特徴があります。 この特徴を壊さないためにも、保存料等無添加でお茶抽出物のみにこだわっております。


お値段:25,929円 限定1,000本

高級な価格ですが、それでも人気が高いようです!


在来茶の美味しさとパワーが、もっともっと広まることを願っています🎶





閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page